ヒゲ脱毛の痛みレベルについて解説

ヒゲ脱毛の痛みレベルについて解説

ヒゲ脱毛の方法は、ニードル脱毛、医療用レーザー脱毛、脱毛エステの光脱毛、ワックス脱毛などがあり、どの施術もい痛みを感じやすい箇所なので痛いですが、痛みには差があり、それぞれ痛みの緩和方法もあります。
脱毛の痛みの質は、毛根を熱で焼く脱毛方法のニードル脱毛、医療用レーザー脱毛、光脱毛は、肌に火のついた花火を押し付けたような焼けるような痛みがします。

ヒゲ脱毛の痛みレベルについて解説

 

ワックス脱毛は、毛を物理的に引き抜く方法なので、
毛抜きで抜いたときと同じくらい痛いです。
ヒゲ脱毛の痛みの強さは、圧倒的にニードル脱毛が痛く、技術レベルの低い人にあたると失神するほどの激痛をかんじます。
医療用レーザー脱毛が次に痛く、レーザーの出力や、毛の太さ濃さによって、激痛になったり鈍痛になったりしますが、ヒゲが濃くて密集度の高い人ほど激痛を感じる傾向があります。

 

次に痛い脱毛は、エステサロンで行う光脱毛で、個人さがありますが、火傷のようなビリっという痛さや、輪ゴムを弾いたようなピリッという弱い痛さの人もいます。
ワックス脱毛は、ワックスを引っ張る時の技術や、引っ張る方向によって違いがでて、瞬間的な痛さを感じるけど、熱で焼く脱毛のように継続した痛さはない特徴があります。

 

痛みの軽減方法も脱毛方法によって違いがあります。
ニードル脱毛と医療用レーザー脱毛の場合は、美容外科クリニックで医師による立ち合いのもと施術が行われるので、クリームによる表面麻酔を始めから使い、それでも痛い場合には、笑気ガスによる麻酔や、注射による部分麻酔を用いる事ができるので、施術中の痛さをかなり軽減する事ができます。
さらに、脱毛施術を受けた後も、麻酔が切れると痛さがぶり返す対策で、帰宅前に鎮痛消炎剤や座薬を処方してくれます。

 

脱毛エステで行う光脱毛やワックス脱毛は、医療機関ではないので麻酔は使えないので、施術前に火傷対策で冷却ジェルを塗ったり、施術が終わった後に冷やしたり、アフターケアクリームを塗って対処してます。

関連ページ

無痛でできるヒゲ脱毛について
無痛でできるヒゲ脱毛について紹介しようと思います。現実問題、無痛だと正直言って効果がないんじゃないかとも考えられますが…