無痛でできるヒゲ脱毛について

無痛でできるヒゲ脱毛について

無痛でできるヒゲ脱毛があれば最高でしょうが、現役の医師も無痛はありえないと言います。
脱毛とは毛根から処理することであり、抜いたり脱毛器を照射したりする方法があります。
抜けば痛いのは当然ですし、脱毛器を照射する場合も肌に刺激を与えるのです。

エステより医療機関のヒゲ脱毛のほうが痛いと言われますが、これは照射パワーの差にあります。
医療機関ではヤケドを起こさない範囲内で、ギリギリまで出力を上げていくのです。
エステは出力を抑えるので痛みは弱くなりますが、効果も弱いと考えていいでしょう。
痛みと効果は比例関係にあるため、高い効果を得るためには痛みが強くなるのは仕方ないのです。
もし無痛の施術があるとすれば、照射パワーを最小限まで抑えているのでしょう。
無痛に感じるほどの出力だと、痛くない代わりに効果もほとんど得られません。
無痛でできるヒゲ脱毛について

 

脱毛クリニックの医師は、痛みが強いほど効果も高いと断言しています。
肌荒れを起こさないレベルまで出力を上げて処理すると、短期間でヒゲを薄くできます。
ただ、出力を上げると激痛を伴うので、状況に応じて麻酔を使用していきます。
肌が丈夫な方だと麻酔を使用しなくても我慢できますが、敏感肌の方だと厳しいでしょう。
麻酔にも色々な種類があるので、肌質や痛みの程度、コストなどを考慮して決めていきます。

 

ヒゲ脱毛を安全に受けるなら、エステよりも医療機関がおすすめです。
医療脱毛器を扱えるのは医療資格の取得者だけであり、一般の方は使用することができません。
エステサロンの場合は、処理をするのはすべて一般のスタッフなのです。
それゆえ出力は下げてきますが、効果も比例的に弱くなってしまいます。
確実にムダ毛を薄くしつつ、肌トラブルも回避するなら医療機関で処理するのが一番です。
アフターフォローも徹底しているので、乾燥肌や肌荒れへの対処もスピーディーです。
肌が不安定な方でも処理を受けられますが、過度の日焼けをしている場合は断られることもあるので注意しましょう。